<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 10日
真冬の「雷滝」(裏見の滝)その2・氷としぶき

滝の手前から全体を見れる位置からの撮影 
氷柱が無ければ手すりに沿って滝の裏を通り対岸に行けるのですが
e0123723_16554683.jpg



前回は氷柱がメインでしたがに引き続き真冬の「雷滝」です
滝の裏を通って滝全体が見渡せる場所に行くことが出来ず 凍った滝全体を見れないのが残念ですが 迫力ある滝と氷と水の競演をご覧ください




頭上の岩から落ちる滝
e0123723_1656138.jpg


中間の足元の岩場に一旦落ちて
e0123723_17121369.jpg


滝つぼへ
e0123723_1656502.jpg


常時落ちる水で丸く凍っている
e0123723_17275422.jpg
e0123723_16563212.jpg

e0123723_1657885.jpg

e0123723_16574187.jpg



撮 影 ・・2009/00/00

[PR]

by oois4649ex | 2009-02-10 17:39 |
2009年 02月 09日
真冬の「雷滝」(裏見の滝)その1・氷柱で埋め尽くされた滝裏


e0123723_1583420.jpg




南志賀高原・高山村 紅葉で有名な松川渓谷にある雷滝別名裏見の滝
滝の裏側を回って滝つぼ近くまで下りられるので春から秋のシーズンに大勢の人で賑わうが 冬は深い雪に覆われ危険なため訪れる人は無い

ところが今年は雪が少ないので行く事が出来た
しかし道路から滝までは手すりのロープもやっと頭が出るくらい雪で埋まった急な狭い道を100メートルくらい下らなければならず 転落すれば50メートルの谷底 命の保障も無い ブーツにアイゼンを付け慎重に行ってきた




滝の裏側は天井から床までつながった大きな氷柱が立ち並び床も一面の氷
e0123723_1594277.jpg


夏のシーズンにはここから先に滝の反対側に下りれる通路があるが氷柱で行き止まり
奥には一段と青い氷柱が不気味
e0123723_15102792.jpg


床にはこのような波模様も
e0123723_1511126.jpg


天井の岩から大きなツララと流れ落ちる滝
e0123723_15121221.jpg

e0123723_15252822.jpg
e0123723_15522799.jpg

撮 影 ・・2009/02/04

[PR]

by oois4649ex | 2009-02-09 15:55 |
2009年 02月 02日
厳寒の戸隠連峰


e0123723_11222142.jpg


撮影の日は前日までの雪も上がり 青空の晴天となりましたが風が強く 稜線から雪煙が舞い上がっていました
撮影場所は戸隠連峰が一望の戸隠スキー場です

e0123723_16505652.jpg
e0123723_11235665.jpg


e0123723_11224969.jpg

急傾斜のため雪が張り付かず無数の筋状になって滑り落ちています
e0123723_11245976.jpg
撮 影 ・・2009/01/14
[PR]

by oois4649ex | 2009-02-02 16:55 | 高原・山
2009年 02月 01日
UH-60JA/43122/12H-1F


e0123723_2050147.jpg


アメリカ陸軍のUH-60L多用途ヘリをベースに三菱重工業がライセンス生産、改良し、
陸上自衛隊が採用した多用途ヘリコプターUH-60JA 1997年(平成9)配備開始

機体両側のミサイルのような増槽(ぞうそう)=内蔵燃料では作戦を遂行するために不十分なため軍用機の翼下や胴体側面などに取り付けられる追加の燃料タンクの事 増設燃料タンクとも言う= や民間機と違う迷彩塗装が目立つ

特に雪に沈まないような冬の時期の装備 スノースキッドも珍しい

長野県信濃町にて撮影 新潟県方向からの飛行

e0123723_2050189.jpg
e0123723_20504557.jpg
e0123723_2051459.jpg
撮 影 ・・2009/01/14
[PR]

by oois4649ex | 2009-02-01 21:36 |